早稲田育英ゼミナール鯖江教室 > お知らせ > 【夏期講習について】

【夏期講習について】

2019年6月1日

鯖江市・越前市のみなさん、こんにちは。

早稲田育英ゼミナール 鯖江教室です。

さて、今回は中3生の夏期講習のテーマ・目的についてお話したいと思います!

受験生にとって夏期講習は重要なものです。
「夏を制する者が受験を制す」なんて言葉、聞いたことがある人も多いかと思います。

どうしてそんなことが言えるのかというと…
夏期講習でしか受験に勝ち抜くための”2つの武器"を身に着けることができないからです。

表題にもある通り、今回は、そんな”2つの武器”について書こうと思います。

2つの武器とは…

「スピードと集中力」のことです。

どうして必要なのかを、簡単に説明していきますね。

まず、「スピード」です。

受験は限られた時間の中で、問題を解かなくてはいけません。
多くの問題を間違えずに解く、というのは相当なプレッシャーでしょう。
一問一問をじっくり解いていたら、時間が足りずに、焦ってしまって、出来る問題を間違えてしまった…。

そうなることは避けたいですよね。

そのため、当塾の夏期講習では、問題を解くスピードを上げるために、
短い時間の中で問題を多く、早く、しかも正確に解くことをテーマにしています。

 

そして、集中力。

試験会場では、どのような環境下であっても自分の世界に入れる集中力が

必要です。試験会場は、意外にうるさいものです。答案用紙をめくる音、

鉛筆を走らせる音、試験管の足音、などなどです。

したがって、どのような環境下であっても集中し続けれる根気が必要になります。

人間が集中できる時間は、せいぜい20分~30分と言われています。

ところが、みなさんが大好きなゲームや漫画、スマホなどに触る時の集中力は、

どうでしょうか?

好きなことには、何時間たっても集中力が続くんですね。

勉強も同じことで、興味・関心を持ち、知的好奇心をくすぐられることを

脳は欲していますから、「なんで?(チコちゃん)」という疑問を持つことは

勉強を楽しくさせてくれます。

「常に考える」という癖をつけてしまえば、自ずと集中力はついてきます。

受験では、今よりも難しい問題を誰よりも早く、誰よりも正確に解かなくてはいけません。

今でさえ、授業中や自習中に集中力が続かない…なんていう人がいるのではないでしょうか。

そのままの状態で、受験勉強をし続けても、絶対に長続きしません!!

そのために、時間がたっぷりある夏に集中力を磨く必要があるのです。

いかがでしたか?
2つの武器の必要性について、ご理解いただけたでしょうか?

その他、勉強の仕方や進路など、「早稲育鯖江」までお気軽にお問い合わせください。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃入┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
早稲田育英ゼミナール 鯖江教室
<早稲育鯖江>
【住所】
鯖江市横江町1-7-26
【TEL】0120-198176
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□